悪いのは誰? 介護施設の女性職員が入所者に刺される 殺人未遂の疑いで男を逮捕

みなさまあってのさかなくんですのブログへようこそ。

とある老人介護施設にて、午前5:50頃、男性入所者がハサミを持っているのを女性職員が注意したところ、突然、入所者の男にハサミで左胸を刺されたんだそうです。女性は搬送時には意識があったそうですが、詳しい容体は不明。県警は殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕したそうです。

何故・・・。いたたまれない気持ちになりました。

入居者とは書かれていないので特養の話ではないですね。午前5:50頃だと起床してすぐですね。そもそも、この男性入所者はなんでハサミを持っていたのでしょう。分析はのちほど・・・。

<1か月も適切な対応がとられなかったのはなぜ?>

さて、この入所者の男性は1か月前に入所していて、これまでも職員や他の入所者に暴力を振るったことがあったんだそうです。

逆に言わせてもらうと、施設側は他害行為がある入所者である事を把握しておきながら、1か月も有効な対応策をとらなかった、って事ですね手こういうケースはスピーディーな対応が不可欠手まぁ、施設側もいろいろ模索していたんだと思いますが、犠牲者が出てからでは遅いんです。

こういう事件は、実は表面化してないだけで、介護施設では、あるあるの可能性もあります。

「さかなくん」だって、刺されはしないまでも、鼻の骨が折れ曲がりそうなほど蹴り上げられたり、いきなり後ろから飛び蹴りを食らったりしたこともあります・・・。病気が原因である理解はあるつもりではありますが、ホント、入所者の暴力は勘弁してください、です。

<認知症と暴力>

入所者の男性は認知症を患っていたとの事。詳しい状況が分からないのでハッキリしたことは言えませんが、暴力の原因が認知症だった可能性があります。

認知症にも色々タイプがありまして、障害が起きている脳の部分によっては、それが暴力の原因になる事があります。

例えば、前頭側頭型認知症だったら、いきなり性格が変わったように怒りっぽくなったりするんです。レビー小体型認知症なんかも、思いがけず暴力が始まったりするって言われてます。

病気が原因であれば、入所者の男性に責任能力を問うのは難しいでしょう。

他方、認知症とは関係なく、高齢になると多くの方は、脳の機能が低下してきたりします。脳の機能が低下すると、感情が押さえられなくなり、暴力が出やすくなったりして・・・。最近、”切れやすい高齢者”なんてニュースを見聞きしたりしますが、今に始まった事ではなく、高齢者になると、誰でもそういう風になってしまう可能性があるって事なんです。

そして、暴力を振るってしまった本人は、感情を抑えきれずにとってしまった自身の行動に悩み苦しんでいる可能性大です。

もう、自分の感情を抑えきれず他害行為に及んでしまう時点で、完全に病気です。速やかに精神科を受診していただきましょう。第二、第三の犠牲者が出てしまう前に・・・。頼みますよ、施設の相談員さん、ケアマネさん、対外折衝は現場の人間ではなく皆さんのお仕事です。現場で出来ることには限りがあるんです。そして現場職員のみなさんにも、情報は的確に可及的速やかに申し送ってください。でないと相談員さんやケアマネさんも適切な対応はとれませんよ手

<現場分析>

午前5:50頃って言うと、起床してすぐですね、夜間、職員が気づかないうちに徘徊して、どっかでハサミを手に入れてしまったんですかねぇ。

そもそも、なんで入所者がハサミを手にする状況が発生してしまったんでしょうか?

短期入所者とかだったら、入所時にたくさんの荷物の中に紛れ込んでた可能性もあるかなぁ~。この施設はいつでも手にすることが出来るような場所にハサミを置いてあったんでしょうか?「さかなくん」とこの特養では刃物の在庫は毎日カウントしています。カウント時に数量不足が発覚すれば見つかるまで探します。まぁ、施設それぞれ事情があると思いますので、なんとも言えませんが・・・。いづれにしても、施設側の落ち度の可能性はぬぐい切れません。

そして、この女性職員さん、男性入所者がハサミを持っているところを注意した、との事ですが・・・。

 

さて、ここで問題てす音譜

 

他害行為バリバリの入所様がハサミをもっていたら「さかなくん」だったら、どんな対応をしたでしょう?

 

1.無言でハサミを回収

2.別のおもちゃを差し上げて、それに夢中になっている間にハサミを回収

3.他害行為の危険もなさそうなので放置

4.まずは様子観察、そして隙あらば、ハサミを回収

5.さす又を持って応戦

 

正解と思われるものをクリックしてみてね音符

 

いかがでしたか?

 

2番の、別のおもちゃを差し上げて、それに夢中になっている間にハサミを回収ってのもありかなぁ~。

認知症はレベルや状態も千差万別ですので何とも言えませんが、「さかなくん」だったら、いきなり注意はしません。もちろんその時の他害行為の恐れの有無等々、状況にもよりますが・・・。

まずは様子観察継続ですかねぇ~。そして、隙あらば、ハサミを回収します。すでに様子観察後の切迫した状態だったのかもしれませんが・・・。

認知症の方に注意して言い聞かす。もちろん言い聞かす事が出来る状態の方もいます。ただ、認知症という病気をある程度理解していれば、注意や言い聞かす事のメリットより、不穏を招くデメリットの方が大きい方の存在の可能性についても理解できてるはずなんです。

だから、「さかなくん」だったら、いきなり注意は怖くてできません。

この女性職員さん、刺されてしまった事は大変お気の毒で残念すが、もしかしたら、対応の仕方がまずかった可能性もぬぐい切れないのかもしれません。

 

結論

認知症介護に携わる皆様へ、認知症の方へのある程度の理解は不可欠です。無理解のまま認知症介護に携わる事は危険を伴う事をまず、理解しましょう。そして、改めて申しますが入所者の他害行為を把握している介護施設の相談員さんやケアマネさん、第二、第三の犠牲者が出る前になんとかして差し上げてください。具体的には精神科受診などです。対外折衝は現場の人間ではなく皆さんのお仕事です。現場で出来ることには限りがあるんです。そして現場職員のみなさんにも、情報は的確に可及的速やかに申し送ってください。でないと相談員さんやケアマネさんも適切な対応はとれませんよ手

第二、第三の犠牲者が出ませんように ( ̄人 ̄)

 

「さかなくん」のブログ読んでくれて、いつもありがとう感 感謝

“悪いのは誰? 介護施設の女性職員が入所者に刺される 殺人未遂の疑いで男を逮捕” への2件の返信

  1. いつも拝読させて頂いております。

    いろいろと考えさせられますね…
    私は老健勤務ですが…
    オープン3ヶ月にして自分を含め、何人のスタッフが傷や怪我を負わされてきた事でしょうか…

    看護師や相談員、ケアマネに情報をあげても、対応までにとても時間がかかります。

    相談員に至っては、介護の話はいちいち聞いてたらキリが無いから聞き流しとけば良いよと言われているそうです。

    入所契約だけが相談員の仕事ではないんですけどね。

    これからもブログ拝読し、参考にさせて頂きます。

    追伸:以前の不潔行為(オムツ外し)お言葉を参考にいろいろ試しています。勝率(成功率)は五分五分になってきました(笑)ありがとうございます!

    1. コメントありがとうございます(^人^)そして、いつも読んでくれてありがとうございます、感謝♪
      しかし、なんで対応にそんなに時間かかっちゃうんてしょうかねぇ?
      犠牲者や虐待が起きてからでは遅いと思うんですけどね。
      事の重大さが理解出来ていないんでしょうね。
      介護の話は聞き流しておけばだなんて、まぁ、確かにキリがないと言う気持ちも分からないではない気もしますが、そういうセリフは、大事な事と聞き流していい事の区別が付くようになってから口にして頂きたいもんですね。
      オムツ外し対策、五分五分程度の情報発信なのに参考にして頂けてホント恐縮です。「さかなくん」は昨日の夜勤で同じ入居者様に一晩に3回もオムツ外しで失禁されてしまいましたよ。オムツ外しは永遠のテーマなんでしょうか・・・。更に高確率な方法にたどり着いたら、是非、教えてくださいね。
      今後とも「さかなくん」のブログをよろしくどうぞ〜(⌒ー⌒)ノ~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。