暴力 家庭崩壊前に特養に入居させる方法

みなさまあってのさかなくんのブログへようこそ。

 

職員や他の入居者様に暴力を振るわれてしまう入居者様って時々いますよね?

<職員に対する暴力>

「さかなくん」もいろいろやられましたけど、入浴介助で車椅子に座ってる入居者様の靴下を脱がそうとした時、いきなり顔を蹴られて鼻が折れそうになった事があります。後ろからいきなり飛び蹴りを食らわされた時は、思わず入居者様の胸ぐらを掴んでしまった事も・・・。

まぁ、同僚職員に止められましたけど・・・、反射的にやり返してしまいそうになりますよ。10倍返しくらいでね(笑)

でも、そんな入居者様を目にするのが”時々”で済んでいるのは、実は暴力を理由に施設側が入居をお断りしているケースがたくさんあるからだと思うんですよね。潜在的には、暴力があるせいで入居できずに困っているご家族様って、結構いるんじゃないですかねぇ〜。

<無理やり入居を試みる>

暴力を振るう家族が同じ屋根の下にいたら、例えそれが肉親であっても、計り知れないプレッシャーがあると思います。

ちょっと話はそれますが、暴力三昧の方で特養内で食べ物を喉に詰まらせて危なかった方がいらっしゃるんですが、それをご家族様に報告した時に、娘さんが、ぼそっとつぶやかれた一言があります。

 

さて、ここで問題てす音譜

この娘さん、なんてつぶやいたんでしょうか?

1. 介助してたのは誰?訴えます!

2. そんな事で言われても・・・

3. そのまま死んでくれればよかったのに・・・

4. もう、うちに連れて帰ります!

5. 今後ともよろしくお願いします。

 

正解と思われるものをクリックしてみてね音符

 

いかがでしたか?

 

いやぁ、ショッキングといえばショッキングすが

分かるといえば分かるような気もします。

実の娘さんですよ。実の娘さんにそんな事を言わせる程のプレッシャーなんですよね。切ない・・・。

さて、本題に戻りますが、とにかく暴力を振るう家族を特養に入居させて家族の平和を取り戻したい、そんな時は・・・。

ひたすら暴力の事は隠して入居申し込みをしてみましょう。

実地調査や面談では暴力の事は、あえてこちらから言う必要はありません。あとは、面談時に本人がおとなしくしててくれる事と暴力について聞かれない事を祈るのみ( ̄人 ̄)

これで入居が決まってしまえば、こちらのものです。後で「何故、暴力がある事を言わなかったんですか?」、そんなふうに言われたら、ずうずうしくも「聞かれなかったから言わなかったんです」とか言っちゃえばオッケー。

施設側は退去指導とかプレッシャーをかけてくると思いますが、暴力家族を自宅で介護するプレッシャーに比べたら、なんてことはないです。一度入居してしまえば強制的に追い出す事はできません。「家では難しいんです」「別の受け入れ先を探してます」なんて言いながら、時には音信不通なんて手を使えば、何年も引き伸ばす事は可能です。

老健で働いてた時の話ですが、あそこは基本は3ヶ月が入所限度のはずなんですが、3~4年なんてザラです。10年以上居座っている方もいましたねぇ〜。その方は音信不通のパターンでしたけれども、入居したもんがちなんだなぁ〜って思いましたね~。

まぁ、最初っから居座るつもりでいる方ってのはいないと思いますけど、結果的に居座っている状態になっている方は、結構いましたねぇ~。もし、最初っから居座るつもりだったら、相当腹黒いですよ。

結論

介護している家族の暴力に悩んでいたら、家庭崩壊する前に、とりあえず施設に入居を試みてみませんか?まぁ、特養職員の「さかなくん」としては、そういうのはメチャクチャ困るし、暴力を振るう方はお断りなんですがね・・・。ケアマネ「さかなくん」としては、介護している家族の暴力に悩んでいる家族がいたら、無理やり施設に入居出来る方法を提案しちゃうかも・・・。ただし、入居した本人が入居後、どんな待遇を受けるかは分かりませんけどね(笑)

「さかなくん」のブログ読んでくれて、いつもありがとう感 感謝