エンディングノート 認知症の方が望むケアを提供する為の

みなさまあってのさかなくんのブログへようこそ。

<身体拘束を望む人々>

いきなり、ここで問題てす音譜

以前、自身が認知症になって他人に暴力を振るったりするような事があったら、あなたは自身の身体拘束を望みますか?的なアンケートをさせて頂いたことがありますが、”身体拘束をして欲しい”と答えた方はどれくらいいらっしゃったと思います?

1. 1割ほど

2. 2割ほど

3. 4割ほど

4. 5割ほど

5. 8割ほど

 

正解と思われるものをクリックしてみてね音符

 

いかがでしたか?

 

まぁ、質問の仕方がちょっとズルイかもしれませんが、こんな感じです。

状況にもよりますが、これだけの方が自身の身体拘束を容認できる状況もある中で、今の介護業界では、基本的に身体拘束禁止が常識になっています。

”本人が望んでいるのに身体拘束が提供されない”という事が、あるって事ですね手

<認知症の方が自分の希望を伝える難しさ>

認知症になって進行してしまい問題行動が出現するころには、正常な判断力で自身の希望を周囲の人に伝えることができない状態になってたりして、本人の希望を知る事は非常に難しくなります。

認知症の方のケアで困る事といえば、やっぱり、本人の希望が分からないまま意思決定を迫られることだと思います。

本人の希望が分からないから、周囲の意見も多様化して、答えはあるはずなのに見えないから、意見の対立で争いが起きてしまったりします。

周囲の人をそんな意味のない争いに巻き込まないためにも、認知症で正常な判断力をもって自分の希望が伝えられなくなる前に、自分の希望を書面に残しておいてはいかがでしょうか?

<エンディングノート>

エンディングノートってのがありまります。
(法的拘束力はないんですけどね)

エンディングノートってのは・・・
ご自身の終末期や死後に、ご家族様などが、いろいろな判断や手続きを進める際に必要な情報を書き残すためのノートの事です。 例えば、資産や葬儀に関することだったり、介護の事であれば、どこで最期を迎えたいか?誰に介護してもらいたいか?とか介護費用についてなど、ご自身の希望がメインの内容になります。

ところが、せっかく素晴らしいアイデアなのにエンディングノートには、自分に認知症の問題行動が起きた時に自分がどういう介護を望むのか的な部分が含まれていみたいなんです。

だから「さかなくん」ちょっと試しに作ってみたんですが・・・

認知症の問題行動への対応に特化したエンディングノート。

ただ、この認知症の問題行動への対応に特化したエンディングノートですが課題もいくつかあります。

そのうちのひとつですが、そこに書かれているから、と言って、安易にそれを実行されてしまう可能性があります。

例えば、ちょっとブラックっぽい介護施設において”身体拘束してもいい”って書かれていたら、なんの工夫もされる事なく、安易に身体拘束がなされてしまう可能性だったり・・・。

こういう所は、なんとかしなければならないのですが・・・。

一部分ですが、ちょっと見てみます?
(「さかなくん」の希望も記入してみました)

——————————————————————————————

これは認知症で要介護状態になってしまった時の為に
特化したエンディングノートです

市販で販売されているものや
自治体等から無料で配られているもの
エンディングノートと一緒に保管しておきましょう。

認知症って、なってみないと
どんなことが問題になってくるかわかりません。

だからと言って
認知症で正常な判断がつかない状態になってから
問題に気づいても
あなたの意思は尊重されないかもしれません。

そうなる前に

ここからは、あなたが要介護状態で尚且つ
認知症で正常な判断がつかない状態に
なってしまった時の事を考えて記入してみましょう。

 

Q1昼夜逆転になったら眠剤を希望しますか?

昼夜逆転は、元々がそういう生活習慣だったのかもしれませんし、一概に問題とは言えませんが、共同生活下では、昼夜逆転の方の夜間の活動が、他の方の睡眠の妨げになってしまう可能性があります。

□はい
レいいえ

(備考 他人に迷惑が掛からないのであれば放置しておいてください    )

 

Q2夜間のオムツ交換は必要ですか?

ただでさえ認知症で昼夜逆転傾向の可能性があるのに、夜間のこまめなオムツ交換は更なる浅眠のリスクがあります。あなたのお体の状態や使用するオムツメーカーによっては、夜間、オムツ交換をしなくてもなんの問題もない可能性もあります。

□はい
レいいえ

(備考 基本、睡眠優先でお願いします              )

 

Q3夜間の巡視は何時間間隔を希望されますか?

ただでさえ認知症で昼夜逆転傾向の可能性があるのに、こまめなデリカシーの無い巡視の度に目を覚ましてしまい、夜間浅眠になってしまう可能性があります。

( 2 )時間間隔を希望します

 

Q4夜間の体位交換は必要ですか?

ただでさえ認知症で昼夜逆転傾向の可能性があるのに、夜間のこまめな体位交換は更なる浅眠のリスクがあります。ご家族様等介助される方の負担軽減を考えているなら自動体位交換システムやエアマットなどの福祉用具の使用も考えてみてはいかがですか?

□はい
レいいえ

(備考 基本、睡眠優先ですがスキントラブル等あれば色々考えてください

 

Q5他人に暴力を振るうようになったら精神科受診を希望されますか?

精神科受診は当然ですがお金がかかります、入院となれば尚更。それでも、効果が表れない可能性もあります。薬を内服することになると思いますが、副作用として眠気等で転倒リするリスクが高まったり、食事等の飲み込みが悪くなったり、最悪、口から食べたり飲んだりすることが出来なくなる可能性があります。

レはい
□いいえ

(備考 代替手段が見つからなければの話           )

 

代替手段がない時は身体拘束を希望されますか?

身体拘束による精神的また、身体的な弊害等がある事を理解されてから選択してください。

レはい
□いいえ

(備考 代替手段が見つからなければの話        )

 

 

Q6もう歩ける状態ではないのに歩こうとしてしまい転倒して骨折してしまったら?

歩けることによるメリットもありますが、認知症の方で、安全に歩ける能力が無いのに、それを認知できない事から、歩こうとされ転倒し再び骨折するリスクもあります。そのリハビリ再び転倒する為のリハビリになってたりしませんか?よ~く考えてから選択してください。

□リハビリを希望します
レそのままでいいです

(備考 立位訓練までなら可                )

 

歩く事を抑制するような身体拘束は必要ですか?

身体拘束による精神的また、身体的な弊害がある事を理解されてから選択してください。

レはい
□いいえ

(備考 基本、身体拘束はイヤですが、代替手段がなければやむなしです

 

Q7入れ歯や補聴器など紛失リスクが高くなっても使用し続けますか?

認知症高齢者は大事なものをティッシュに包みポケットに大切に隠してしまうという習性があったりします。でも数分後にはポケットに入れたことも忘れてしまい。取り出したティッシュの包みをゴミと思い、トイレに流してしまったりする事があります。入れ歯は食事の時だけ使用する、という選択肢もありますが、装着していないとどんどんお口に合わなくなってしまう可能性もあります。補聴器は1セット50万円する様なものもあります、大切な方との会話の時だけに限定してみてはいかがでしょうか?。

□はい
レいいえ

(備考 使用しなくても支障がなさそうなら使用しなくていいです

 

Q8水分や食事拒否が見られても健康状態維持のため経口以外の摂取を望みますか?

認知症になると食べ物を食べ物と認知できなくなって経口摂取を受け入れられなくなったりします。胃ろうになってまで生きてたくない、なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、胃ろうでも元気に前向きに生活されているかたもいらっしゃいますよ。

□はい
レいいえ

(備考 出来るだけ常食に近い状態で嗜好品等で考慮してもらえれば幸いです

 

Q9入浴や排泄介助拒否が見られても清潔保持を強制されたいですか?

入浴や排泄介助拒否は共同生活下では他の方へ視覚や臭覚を通じてご迷惑をかけてしまう可能性があります。又、不潔な状態が続くと皮膚状態が悪くなり褥瘡につながる恐れもあります。

□はい
レいいえ

(備考 清潔保持に同意できるような声掛けをお願いします  )


 

既存のエンディングノートに加えて使用できるような感じをイメージしてます。全然作りかけなんですが、ワードファイルでダウンロード出来ますので、興味がある方は、改良してみて下さい。

認知症エンディングノート.doc(40.0 KB)

勝手に、みなさんが使えるような完成形を作ってもらえたらうれしいです。著作権とか気にしませんので、そのかわり、出来上がったら「さかなくん」に見せてくださいね。

ってゆーか、実は既にあったりします?認知症問題行動への対応に特化したエンディングノート。

もし、あったら教えてくださいね。

ってゆーか、こんなファイル作って「さかなくん」暇なの?って思ったあなたど~ん!

正解です手

 

さかなくん」のブログ読んでくれて、いつもありがとう感 感謝

P.S.でもこれ、記入する方もある程度認知症に対する理解が必要かも・・・。